ネット通販に失敗はつきもの

ネット通販に失敗はつきものです。(笑)
送料を加味しても安いものが多いので、ネット通販は大好きですよ。
実際に目にして触って購入するわけではないので、失敗のリスクは考えなければいけませんけどね。
写真だとね、色が違ったりすることは多々ありますね。
実物を見て送ってくるものを間違えたんじゃないのか?って疑いたくなるほど違ったりもして。
今は購入者レビューがあるから参考になりますね。
でも人の感想なんて沢山あるから、レビューが少ない場合はその人を信じるか信じないかは自分次第というか・・・。
あと買った時のロッドも違いますしね。
安い布系のもので多いのは靴でも洋服でも、匂いがするってやつですね。
中国とか安いもの系だからか異臭って話題は結構あるので迷います。

おひとりさま専用のボックス席

おひとりさま専用のボックス席があるお店なら、たしかに一人でも気軽に行くことが出来ますね。
おひとりさま、なんて言葉がではじめたのって何年前からでしたっけ。
大手のファミレスが完全に一人用の座席をつくったそうです。
狭いけどそれなら一人でも入りやすい。
お店としては一人の人に来てもらって、そしてすぐに帰ってもらえれば回転率が高くて良いんでしょうね。
まあ、1人でずっとそこに居座る人は居座るでしょうけれど
かつてはみんなと一緒に行っていたことを、1人でやりたがる人もいる。
汗まみれの姿を人に見られたくないというニーズにこたえています。
壁と扉で区切られていて、前方3面に大画面の映像あり。
個室で運動をしたいという気持ち、わかります。

いつの間にか値上がりしている

いつの間にか値上がりしている、または値段は変わらないけどどうも入っている量が少なくなっている。
そんなことが多々ある昨今ですが、この春から出荷価格の大幅な値上げをされるのが紙製品ですってよ。
18%も上げざるを得なかったところもあるそうです。
製造コストが膨らんだ理由としては運転手不足、人件費、電力のエネルギー費用、諸材料の高騰などなど。
店頭のティッシュペーパーにはひとり一つまでの注意書きがされるくらいです。
今は深刻な品薄状態。
紙不足で印刷会社でも仕事を断る状況で1970年代のオイルショックより深刻とされています。
うちにはどの部屋にだってティッシュボックスがあるくらい、みんな必要としています。
身内に子供も生まれるしおむつ問題も困りますね。

ロングスカートが流行っている

ここ2年くらい、寒いときも暑いときもロングスカートが流行っていますよね。
しかも超ロングなんですよね。
身長が低い私としては、下の方に重心がいくようなスタイルはふりです。
でも可愛いのが多いのでかわいいんですよね。
欲しくなったり着たくなる気持ちもわかります。
でも雑誌でもネットの通販でもロングスカートばかりが目につくし、だからこそロングスカートを履いている人もたくさんいすぎますね。
あと、立っているときは良いけれど座っていると床にロングスカートがついているのがすごく気になります。
だって綺麗だとはいいがたい床ですよ。
見た目は小ぎれいにしていても、そういうところが雑というか女性としてはいまいちな気がします。

一人の時はご飯事情が悪く

一人の時はご飯事情が悪くなってしまいます。
ご飯の前に間食をしなくなるのはいいのですが、夕飯が適当になってしまいますね。
そしていつもより早く、「お腹がすいた!」ってなる。
個人的にショックを受けたことがあり食欲がなくなりました。
でもお腹はなるんですよ。
ということは体は食物を欲しているということですよね。
とりあえず食べるけど、お腹にたまるものだけ。
朝なんかは吐き気がするし、美味しいとも思えない。
でもそれは数日でなくなりました。
こうなってくると案外自分は図太いんだろうなと気が付きました。
衝撃的なことがあってやつれるというのはなかなかない事なんでしょうね。
ただ気持ちの方はやっぱり下降ぎみでつらいことにかわりはありません。

今後はどうするのか心配

TPOをわきまえるどころか、マナーとい次元でもない馬鹿な人間の愚かな動画のために迷惑をこうむっている人がたくさんいます。
この事例について子供がいる人は話し合った方がいいでしょうね。
先日、車から紐をつけた犬を散歩させている人動画をみました。
そもそも、歩道なので犬は後輪に巻き込まれるかもしれない狭い道をひっぱられるように歩いていました。
なんて酷いことを!と思ったら飼い主さんは高齢男性。
今までのおふざけ動画ではなく、単純に足腰が弱くて散歩が出来ないのかもしれません。
それにしても紐が後輪に挟まったらそのまま轢かれてしまうような方法は絶対にダメです。
犬が無事で良かったけれど今後はどうするのか心配になりました。

近くで焚き木をする人間

良い天気でせっかくお布団を干したのに、近くで焚き木をする人間は本当に無神経だなと思います。
一人暮らしでそういうところに考えが及ばない老人かと思いきや、一軒家のお宅です。
そもそも、そのうちは洗濯物は干さないのか?
お布団を干さないにしても洗濯物にだって煙の臭いがついちゃうじゃないですか。
まあ、そのお宅のご主人がやっているのか奥さんがやっているのかはわかりませんけど、奥さんがやっているのだとしたら余計に腹が立ちます。
自分だってお布団を干していたら嫌なはずですからね。
腹が立ったのであっちに聞こえるように大きな音をたてて布団を回収しましたよ。
強くたたくのは良くないと知っているけど、こっちの気持ちを聞かせたかったのでやりました。

婦人科検診

婦人科検診でマンモグラフィをするのはやっぱり苦手です。
でも一番最初のときよりは慣れてきましたね。
胸を挟むとどうしても痛くて血の気がひいて貧血気味になりますけど、慣れた分でだいじょうぶでしたから。
対応してくれる女性の方も優しくて「もうちょっとだからがんばって!」と声もかけてくれましたしね。
おそらく私よりも年下であろうお姉さんからため口をきかれても全然オッケーです。(笑)
他の客商売をしている人からのため口は好きではありません。
それなりの店じゃなくったってお客に対しては口のききかたがあるじゃないですか。
そうしないのはその人のレベルが低いのか、はたまた私自身があなどられているかですよね。
でもこの場合は元気づけてくれたわけですから助かりました。

「リベンジ」

柴田哲孝さんの「リベンジ」を読みました。
読んでからすぐに前作があることに気が付きましたが後の祭り。
まあ、仕方がないですね。
ネットでの評判を参考に読んだのですが読後にネタバレつきの感想を読んだら、やっぱり好評なんですよね。
でも私はいまいちかなと思いました。
高いIQを使っているようには思えないし、逃走する女子高生は唯一信頼できる人として刑事二人を覚えているのになんでその人達に助けを求めないのか。
これが一番謎でした。
連絡先を知らないとしても刑事ということは知っているのだから、やりようがあるでしょう。
逃走劇と監禁が一緒に進むけどどちらもそんなに危険を感じなかったし、やっぱり話としては面白みに欠けたかな。

急死した遺族から

急死した遺族からのお金を搾取する詐欺なんて最悪です。
しかも犯人は警察官だというのだからあきれてものも言えません。
そもそもこういう犯罪って、なんでばれないと思うんですかね。
たとえその直後にバレなかったとしても、何年かしてからあれはおかしいことだったのかもしれないと発覚することだってあるでしょう。
警察署でご遺体の話しまでしているのだから、警察官であるということはわかっているわけです。
他へ移動したとしても、どこかの警察機関で訴えればすぐにばれるでしょう。
犯罪者を捕まえる職業の人が犯罪者になったら一発で仕事を失う。
これは誰が考えてもわかることです。
短絡的な犯行にしては要求する金額が大きいし頭がおかしいとしか思えません。