「リベンジ」

柴田哲孝さんの「リベンジ」を読みました。
読んでからすぐに前作があることに気が付きましたが後の祭り。
まあ、仕方がないですね。
ネットでの評判を参考に読んだのですが読後にネタバレつきの感想を読んだら、やっぱり好評なんですよね。
でも私はいまいちかなと思いました。
高いIQを使っているようには思えないし、逃走する女子高生は唯一信頼できる人として刑事二人を覚えているのになんでその人達に助けを求めないのか。
これが一番謎でした。
連絡先を知らないとしても刑事ということは知っているのだから、やりようがあるでしょう。
逃走劇と監禁が一緒に進むけどどちらもそんなに危険を感じなかったし、やっぱり話としては面白みに欠けたかな。