笑い芸人になるために転職するなんて甘えた考えかも知れません

キンタロー。さんに憧れてオバサンなのに芸人を目指すようになってしまったワタシの身内。

まったく昔みたいに地銀の求人情報でも探してろっていうの・・・。

ありえない発想力で芸人への転職を志してしまった身内をみていると、なんだかムカついてしまうワタシ。

世の中を舐めてるのか?とすら思えてしまう身内の行動はハッキリいって芸人に転職しようという意気込みが本気で伝わってきません。

芸人になりたいなら芸を磨いていくのが当たり前ですよね?

それなのに、真面目に芸を磨くどころか遊んでばかりの生活を繰り返していた身内。

ワタシはそんな身内の最低な態度をみているうちにイライラが爆発してしまい、ブチ切れてしまったのです。

芸人に転職するなら死ぬ気で頑張れや!と大きな声で怒鳴ってしまったワタシ。

大人げないことは自分でもよくわかっていました。

しかし、どうしてもワタシはガマンが出来なかったのです。

正直な話、お笑い芸人に転職するということは社会の安定したレールからはみ出して生きていくという覚悟がない限り、絶対にやってはいけません。

見た目は華やかな世界ですが、お笑い芸人は孤独にちがいないのです。

ましてや世の中を舐めくさってるようなワタシの身内が、あんなにも厳しい世界に転職なんて1万パーセントありえません。

まあ、転職するのは身内の自由ですからワタシがいくらブチ切れたって意味はないと思います。

たとえば真夜中のコンビニエンスストアのまえで若いヤンキーたちが集まって騒いでいたとしても、わざわざ注意をすることは基本的にありませんよね?

それは自分には関係ないからです。

もしもワタシがコンビニに転職をして働いていたら仕方なくヤンキーたちに注意をするかも知れません。

そういう状況でない限り、基本的に人は自分の人生に関係ないバカヤローの相手などしたくはないのです。

乾燥注意報が続いています

雨も少なく乾燥注意報が出ていますね。
そして連日火事のニュースが流れています。
燃えるというのは恐ろしいものです。
自分の大切なものを奪っていくので命が助かったとしても喪失感は強いですよね。
自然災害も嫌ですけど火事は本当にやめて欲しい。
放火犯がいる火事なんて信じられません。
連続の不審火があるとニュースで見ることがあります。
近くに住んでいたら本当に怖いでしょうね。
でも内心で自分のうちの近くではないという安心感があります。
しかし先日、うちのすぐ近くで不審火があったのでひとごとではなくなりつつあります。
家族で亡くなったニュースも見ましたし本当に怖いですよ。
歳をとったことも関係するような気がしますけど世の中には心配ごとだらけです。