考え方の違いで変わる

マイナス金利の影響で銀行の金利が酷いことになっていますね。
10万円あずけて1円しか利息がつかないってふざけていと言っちゃいたくなる利息の低さですね。
でも、あずけて「あげている」のではなく、お金を「守ってもらっている」と思えばしかたがないと思いますよ。
自宅のタンス預金・・・ならぬ、金庫を購入して金庫預金をする人が増えているようです。
燃えない金庫だったとしても本当に火事にならないとわからないし、泥棒に入られるかもしれないのによく自宅で保管しようと思いますね。
お金のままではなく運用しようとする人も増えているそうです。
純金を買う人とかはそれをあずけるのに手数料がかかりますよね?
どんだけ資産があるんでしょうかね。

求人票の内容

求人に載っていた内容が実際に仕事を始めると違っていたなんてことは多々あるようですね。
1番はやはり給料面のようです。
ボーナスが全くなかったり…なんてことは良くあるそうですね。
後は休日と残業に関してのようです。
しかし記載内容と違うなんてことは少なからずどこでもありますよね。
しかし、それが仕方ないと思える程度かどうかですよね。
職場としてはできるだけ良く見せたいと思って上乗せした求人票を書くんでしょうかね。
とは言ってもひどい嘘はいけないです。
ブラック企業なんて言われても仕方ないってことになりますからね。
私が働いている職場がハローワークに出している求人票は全くもって事実通りの内容なんですよね。
だからでしょうね、求人票をみての希望者がいないんだと思います。
あの、条件をみて就職をしようかなんて人はまずいないでしょうからね。
もし連絡があるとすれば、仕事場までの交通手段が自転車か徒歩の人で、近くにここしか無いって人くらいだと思います。
なので、連絡が無いってことはそんな人さえもいないってことですね。
でも、就職をして全く違うと思うよりは良いかなとも思いますしね。
そんな内容でも来たと言うからには、長く勤めてくれそうですもんね~、なんて勝手に良い方に考えるくらいしかできませんけどね。

[リンク]積水ハウスに転職活動をスタート!